社会人4年目!スーパーポジティブガールの日記★

日々ポジティブに。仕事での考え方・切り替え方、嬉しかったことなど、私の成長に沿って内容も変わっていきます。

1年経ってパワーアップして戻ってきました。

2017年10月現在!

皆さんこんにちは('ω')ノ 訪問してくださりありがとうございます。

このブログでは、私が社会人3年目で会社をリタイヤしてからタレント活動を行ったり、契約社員フリーランス、本業である”話す仕事”を行う中で得られた知識や考え方を、ありのまま発信していきます。

読んでくださった方が何かしらポジティブな気持ちになれたり、自分を見つめなおすきっかけになるのなら大変嬉しく思います♬

 

さっそくですが、1年前の自分のブログを読んでみての感想。

 

「考え方が幼いなぁ^^まだまだ経験が足らんなっ!」

 

て感じです('ω')ノ

 

「なんでもやります!」って言って見切り発車で始めたフリーランス時代含めて、この1年間、いろいろな経験をさせていただく機会に恵まれました。

 

しかし、ポジティブの形って本当にいろいろとあって、「楽観的ポジティブ」は人に迷惑をかけるってこともありますよね。*ここでいう楽観的ポジティブの定義については、また後日ブログで詳細を書きます。

 仕事の中で、良い結果を残したこともあれば、うまくいかず悩んだこともたくさんあります。

 

1年経った今になっても、このブログを見てくれている人はけっこういるみたいなので、これまで私が学んだこと、考え方などを今後も書いていこうと思います。

  

 実は別媒体でも情報を発信してます!IT系の話が多くなってしまいますが、ご興味がありましたらこちらのフォローもお願いします★お仕事ブログ→https://asueva.asia/

レッツブックマーク!( *´艸`)

 

<この記事の目次>

・1年経って気づいた学び① 人間関係のゴール・仕事のゴール

・1年経って気づいた学び② すべて自己責任なニューヨーカー!

・1年経って気づいた学び③ より大きな成果を作るために、「組織」で動く

・今考える、ポジティブシンキングとは?

 

1年経って気づいた学び①考えなしに、目の前のことに飛び込むな!すべてのことにゴールを見いだせ

「急にどうした!?」ていうくらい前のめりなタイトルですみません。(苦笑)

あなたは人と会ったとき、または新しいチャンスがやってきたとき、どのように目の前の事象に取り組んでいますか?

進んで自ら、そのチャンスをつかみに行っているでしょうか♬

 

ですが、お気をつけてください。そんなときに「楽観的ポジティブ」の影は潜んでいます。「お互いに、よい関係になったらいいな~」でなんとなくメリットを期待してつながったor引き受けたお話に関しては、最終的に良い関係で終わることが少ないのではないかなと感じています。

f:id:asumi-okada:20171029230814p:plain

ウィッグ専門店、「MYWIG(マイウィッグ)」のモデルをやらせていただきました。(https://www.instagram.com/mywigjp/)

 

それよりも、「自分はこうなりたいと思っている」「あなたとの関係では、こうなりたいと願っている」など、自分が思うビジョンをなるべく伝えたほうが、相手にとってもわかりやすくてよいのではないかと考えます。

 

実際に私も、やる気十分のため相手に過度に期待をさせてしまって、思う結果を返せず、悔しい想いをしたことがあります。

 

ビジネスでは「何を解決することができるのか」脚色せず明確に伝えることは当たり前のことかもしれませんね。

人間関係においては、「人に良く見られたい」という気持ちが先行してしまうと思いがけなく相手を傷つけてしまうことがあるのではないかと思っています。

 

不安を感じて繋がる仲間内は危険です。何かしら、相手に依存している状態ですから。(しかし、不安を言い合えるのが友達なんじゃないの?という意見もあると思います。もちろんそれは正しいと思います!あくまでも私の意見は、多くの人と普段から知り合う機会がある方、そして情報発信を生業とされている方に発信しています。)

 

1年経って気づいた学び②欧米では、人に頼らないのが当たり前。道端でティッシュなんか配っていません!Hahaha!

先日、ニューヨークにお仕事で行ける機会がありました。

f:id:asumi-okada:20171029231712p:plain

アメリカの富豪、ロックフェラーの名前が刻まれた石碑前で。大富豪にあやかります(笑)


初の海外出張です☆彡

毎日がインプットだらけで、SNSで気が付いたことをその都度投稿しないと、頭がいっぱいになってしまいそうなくらい刺激をもらいました。(私のツイッターです!よければ:https://twitter.com/JAPAN_0014

 

ニューヨークで一番困ったこと!とにかくティッシュが・・・ないんです。

渋谷や歌舞伎町だったら絶対にたくさんいらっしゃる、あのティッシュ配りの皆さんが・・・いないんです。汗

この時期に!環境が違うから鼻炎を発症して、ちり紙を今すぐ使いたいのに!(笑) 

 

ほかにもいっぱい、伝えたいことはありますよ!絶対にクレジットカードや海外で使えるWifiが必需品だということとか、日本と比べて乾燥するから肌のケア用品はオイル系が必須だということとか・・・。(笑)

 

しかしそんなこと以上に、私は「ティッシュ」に困りました。誰も貸してはくれません。そしてこの経験から、ニューヨークの人々から、ビジネスにおいて一番大切な考え方を学びました。(えっ、ティッシュから⁉)

それは、すべては「by myself(私自身、自分次第)」だということです。

 基本的にみんな自分のことを考えています。

地下鉄の乗り方だって、正確に把握していて自分にレクチャーしてくれる人はいません。まず自分で調べろ、そして学べ。コミュニケーションはそれからだ。

これが、ニューヨークでは基本であり、礼儀みたいです。

 (アメリカ人がクールで冷たいとか、そういうことではありませんよ!物価が高いこともあり、社会的な信用や信頼がないとすぐに潰されてしまう国だなぁと思ったのです。)

 

1年経って気づいた学び③まず与える。目の前の人を幸せにする。その方が返ってくるリターンが大きくなる。

フリーランスやタレント活動をメインとしているときは、 「自分を売り込むこと」に長けていないといけませんでした。

「ほかの人を押しのけてまで・・・」って程でもないですけど、やはり自分を本気で売り込むことに注力する時間を持てたことは、私の中で大きな学びとなりました。

しかし、契約社員の仕事を通して、「組織」として「ルール」のもとで動くにはいろいろな「制約」があることも痛感しました。必ずしも、前に出ることが正解じゃないときだってあるみたいです。

ですが、わたしはいま「チーム」で、「より大きな成果を出す」ことに興味があります。

そのためには、これまでのように「与えてもらう」考え方を捨て、いかに「他人に与えるか」という「利他」の精神をどこまで育てられるかにかかっていると思います。

 

今考える、ポジティブシンキングとは?

ここまで読んでいただいただけでも、想像力が豊かな方は、「あぁ、スーパーポジティブガール、いろいろあったんだろうな・・・」なんて思う方はいらっしゃると思うのです。

日々いろいろなことが起きるけれど、やっぱり基本的に「ネガティブになる必要はない」と思います('ω')ノ

起きてしまった事象に対してクヨクヨするのではなく、反省をし、感謝をし、進み続けること。

昨日と今日はつながっているので、一日一日を大切にして、日々アップデートすること。

優先順位を明確にして、自分の時間を一番大切にすること(→これについては、もう少し分解しています。優先順位ってほんとに難しい!)

 

だれに対して虚勢を張るのではなく、自分を大きく見せる必要もなく、ありのままの情報発信で、多くの方の支持をいただけるような存在になっていきたいですね( *´艸`)

 

1年経って、ネタはたまりました。今後、ブログでは以下のようなネタで記事を書こうと考えています。

フリーランスと会社員の働き方・考え方 

・大失敗から学ぶ、ベストプラクティスなスケジュールの立て方

・影響力の範囲と自分の将来のベクトルの見つけ方

 

更新は不定期です!なぜなら、私が経験値ベースで書いているものなので。まだまだいろいろと未発展だからです。以下のブログの方は仕事として書いているものなので更新が比較的に早いです。

asueva.asia

 

日々ポジティブに!私と一緒に成長しましょう☆読者の皆様、フォローよろしくお願いいたします!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5ヶ月間フリーランスやってみて思ったこと

 

 ご存じの方もいらっしゃる通り、

 

11月から某IT企業で契約社員になりました。

 

週4勤務です。

 

もう脱サラニートではありません。

 

こんな食生活をしなくてもよくなります(笑)

 

 f:id:asumi-okada:20161121014504j:plain

  

納豆の冷やし中華

たまにここにポテチが入ればごちそうです(笑)

 

そのため、このブログの名前を改めたいと思います。

 

今後は

 

「社会人3年目!脱サラした女の日記」

 

改め

 

「社会人3年目!スーパーポジティブガールの日記」

 

になります。

 

ここでは個人的な発信、契約社員の方のお仕事のことなどを発信していきます♪

 

今回は、フリーランスから契約社員に転身した経緯についてお伝え致します。

 

 

Q,なんでフリーランスやめたの?

「この根性無し!!!」「ゆとり世代が(笑)!!!」

 

そんな風に思われる方もいるかもしれません(@_@;)

 

実は、6月~11月の5カ月間は自分の中での挑戦でもありました。 

 

 

ブログのアフィリエイトの広告収入がたくさんある訳でもない。

 

店長経験したけど、飲食店のコンサルティングができる訳でもない。

 

 

「何か」を準備してフリーランスに挑んだ訳ではなかったのです。

 

でも失敗してもいいから、

 

「今やらないと後で絶対後悔する。」

 

そんな気持ちが優先して

見切り発車でのスタートでした。

 

あるのは夢と、なんでも挑戦したい!という熱い気持ちだけでした。

 

 

Q,フリーランスやってみて大変だったこと

たくさんありますw

抜粋して3点だけお伝えします。

 

①初動がまじで力がいる

私の場合、学生のころのフェイスブックでの繋がりが多かったから

それなりに助けてくれる人は現れて下さり、恵まれた方だったのだと思います。

 

それでも、スケジュール帳はいつもびっしり埋めないと不安でした。

地方に行くのにも会社が負担してくれる訳ではない。

自分の身の回りのネタは常に自分が作らなくてはいけない。

 

金銭周り

自分のブランディング

自己投資の勉強

 

どこかに所属しないということは、これだけ全部自分でやらなければいけないのだと身をもって体験しました。

 

こちらは夏のころの自分のスケジュール帳です。

 

 f:id:asumi-okada:20161121014701j:plain

カテゴリーが多すぎて、かつ予定が不定期すぎて、アプリのカレンダーは使わずすぐに書き込める紙媒体を使っていました。

 

 

②教えてくれる上司がいない

上司の大切さがわかりました。

 

店長、もといサラリーマン時代も常に教えてくれる人はいたのですが、

そのありがたさってなかなか気が付けませんよね(笑)

 

「どうせ仕事だから教えてくれるんでしょ?」

 

そんな風に上司のことを思っている人もいるのではないでしょうか?

 

フリーランスになると、

上司ではない人、つまりお仕事のパートナーの方から

ダメなところを教えて頂くこともありました。

 

パートナーさんからダメなところを教えてもらうのって、

顔から火が出るほど恥ずかしいです(泣)

こんなことも知らないのか自分・・・と!

 

 

改めて、上司は部下が失敗しないように最善策を教えてくれる存在なのだと思いました。

 

明日からこれを読んだ方は、少しだけでも上司の気持ちを汲んであげて下さいね(笑)

 

f:id:asumi-okada:20161121014943j:plain 

③お金にならない仕事が舞い込む

 

特殊なスキルがあるわけでもない私は、

 

「時間をお金に変える働き方」

 

しかできていないことに途中で気が付きました。

 

たとえば・・・

*走りたてビジネスの、出来高制の報酬のモノ(出来高制は経験ないとキツイ)

*イベントのお手伝い系(人脈は広がりますがスキルがつかない)

*自主企画イベント(企画~実行まで自分主体なのでかなり労力が必要)

 

 

そしてどちらかというと「共感できる!」と思った仕事をしてしまうので、

 

あんまりお金にならなくて、初動ばかりに力が必要な仕事が多くなる傾向がありました。

 

スキルや人脈さえあればなんとかなることも、

 

それが足りず作業に多くの時間を消費してしまい、

 

結果応援したいプロジェクトでも力になれず悔しい思いもしました。

 

Q,フリーランスやってみて良かったこと

 

人脈が本当に広がりました。

 

発信する量を増やすと本当に多くの人が連絡を下さり、

チャンスは無限に頂くことができます。

 

ただそのチャンスをものにするのは自分自身ですが・・・

 

改めて、声を上げれば多くの人が助けてくれると実感しました。

 

 

そして一番良かったのは、

 

フリーランスの経験を通して

本当にやりたいこと、そのステージに立てたこと、です。

 

「話す仕事がしたい」

 

と言って上京してきて早7年。

 

やっとやりたいことの方向性が見え、

 

そのチャンスを頂くことができました。

 

今後はIT業界でエバンジェリストを目指しながら、

タレント活動も並行して頑張りたいと思います。(芸名は内緒ですw)

 

特にエバンジェリストになるにはITのスキルが必要です。

 

エバンジェリストとは、ITの技術を伝える伝道師ですね。

こんな感じ。





 

f:id:asumi-okada:20161120215607p:plain

ってそれはザビエルやないかい!!!!

 

 

今まで以上に勉強せなね~!

 

 

「言い続けていたら、発信し続けていたら、夢は叶う」

 

・・・

っていう精神論がどこまで通用するのか(笑)

 

今後も失敗もたくさんしますが発信しつづけますね!

 

これからのスーパーポジティブガールの日記もぜひよろしくお願い致します!! 

 

 

 

 

MCデビューしました。ハロウィンイベントin六本木

2016年10月29日。

 

仮装したキラキラした人々で賑わう六本木。

f:id:asumi-okada:20161031004755p:plain

800人ほど入る、街の超ど真ん中にあるクラブ会場”V2”。

f:id:asumi-okada:20161031004552p:plain

その会場の前にひとりたたずむ、猫の仮装をした地味なOLがいました。

f:id:asumi-okada:20161030234219j:plain

こんばんニャー(笑)

 

 

ついにやってきてしまいました。この日が。

10月中で間違いなく一番不安だった日。

 

私がラッパーデビューする日!!!

 

 

・・・・・(笑)

 

 

 

ハロウィンイベントに合わせて、仮装した女の子を褒めて口説く、

”褒めRAP”に挑戦しました。

f:id:asumi-okada:20161030234333j:plain

*バトルの様子です

 

おいおい、急にラップなんてどうしたのか?と。

ここ最近頭がおかしくなったのではないか?と心配されることが増えたので・・・

ここでご報告も兼ねてラップ初体験のレポートです!

 

Q,なんでラップをすることになったのか?

 

新しい企業交流”ビジネスマンラップトーナメント”

略して”BRT”との出会いがきっかけです。

 

「名刺交換から始まるMCバトル」

「節度をもったdisり合い」

をコンセプトに、今回で9回目の大会となるこちらのコミュニティ。

↓BRTの大会の様子

youtu.be

大会の主催者は、テレビやラジオに取り上げられ、ひっぱりだこで大忙し。

 

以前にもブログで書きましたが、自分はこのラッパーの人達のファンです。

第3回目の大会くらいから追いかけているのですが・・・。

 

見ているうちに、自分もラップしたくなっちゃったんですね(笑)

 

クラブ行き放題サービスLIVE3主催イベントにBRTが共催して実現した今回の企画。

”褒めラップ”は普段はバチバチやりあうMCバトルとは違い、ハロウィン特別バージョンでの内容でした!

 

Q,やってみてどうだった?

この一カ月の間で、一番の不安ごとでした(笑)

日にちが近付くにつれ、ラップのことを考えるとお腹は痛くなり・・・。

 

でもエントリーした以上、やらない訳にはいかない。

 

迎えた当日。

このステージに立つのか・・・。

f:id:asumi-okada:20161031011249p:plain

舞台を目の前にしてみて、

「お客さんにうけなかったらどうしよう?」

とか

「終わるまで、トイレにこもってしまおうか・・・・」

とか色々考えました。

 

本当に、おうちに帰りたくなりますよ(笑)

 

でもでも

 

実際にステージに立って、

スポットライトを浴びてみると、

本当に別世界!

ここまで来たら、あとは今持っているスキルを全力でやるだけ。

この感覚は病みつきになります!

f:id:asumi-okada:20161030234238j:plain

*MC Naruさんと

 

 中々できない貴重な体験。

自分を奮い立たせる良い動機になりました!

社会人の中でラップが流行しているのにも納得できます。

ディスられても、相手に対して嫌な気持ちがしないんです。

逆に「正直に言ってくれてありがとう!!!」となります。

 

うーーん、これはわたしだけ・・・かな?(笑)

 

でも

仕事に対してドМな人程、

ディスられる素質はあるかもしれません(笑)

 

 

Q,練習はどのくらいしたの?

毎日1時間ほどプロラッパーの動画を見て研究しました。

週1でカラオケ練習。

これらを集中的に1週間やりました。

*もっともっと練習している人はたくさんいます!まだまだ!

 

Q,女性はいるの??

今回エントリーしたビジネスマンは8人。

うち女性ラッパーは2人でした。

f:id:asumi-okada:20161030234229j:plain

MC Yasco.さんと。

Yasco.さんは会社で取締役を務められている方。

ギャルが会社立ち上げに関わるブログを読むと分かります。

毒舌っぷりが面白い!

決勝前のエキシビジョンで、ホストや経営者として活躍されている”黒崎剣さん”を二人でラップで褒めちぎりました。

f:id:asumi-okada:20161031002651p:plain

↑この方です。

いや~~~イケ麺だったなぁ・・・・・(笑)

 

Q,結果はどうだった?

初参戦だったけど、BRT初回優勝相手に勝ちました!!!!

あと2回勝てば、決勝に行けました><

悔しいなぁ・・・。

 

Q,今後どうすんの?

もちろん、また出ます!!!

スキルを磨いて、発信できることを増やしたい。

そしてこのコミュニティがもっと広がれば良いなと素直に思います。

素直な思いを、節度を持って伝えられる社会人が増えて欲しいです。

f:id:asumi-okada:20161030235300p:plain

*画像引用元:BRTのサイトページより

 

Q,その他に伝えたいこと

六本木でこんなものが配られていました。

カボチャのイラストのごみ袋!

f:id:asumi-okada:20161030234308j:plain

たくさんの若い人がごみ拾いに参加していました。

ただ楽しむだけじゃなくて、後始末もできるのがステキな社会人ですよね。

こんなステキな取り組みがあるのだと、胸がほっこりしました。

 

次回のビジネスマンラップトーナメント(#BRT)

のイベントは11月25日!!!

興味があれば、ぜひ一緒にラップしましょう♪

 

今日はハロウィン!!

節度を持って、

#もっと遊ぼうぜ日本人!

f:id:asumi-okada:20161030234248j:plain

それでは★

 

仮面舞踏会イベントレポ ”次も行きたい”の声多数

脱サラして

いや

社会人になって初めてパーティーイベントを企画しました。

 

9月25日に行われた

”仮面舞踏会”

今回はこのイベントレポートをお伝え致します♬

 

【なんで開催したの?】

誰だって一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

「素性を隠したい」

「非日常な体験がしたい」

「会社では言えないことを話したい」

このように現実逃避をしたくなった経験が。

私はあります(笑)

 

日々忙しい現代人に向けて、いつもとは違う自分で日常から離れた空間で過ごせる心のオアシスのような場所を作りたいと思いました。

 

社会人イベント初心者の、ニートな私がイベントの裏方を行った企画。

果たしてイベントは成功したのでしょうか?

それでは、現場の様子をお伝え致します。

 

 【非日常なロケーション】

都内のタワーマンションの39階!

東京タワーが望める場所で夜景も最高に綺麗です。 

f:id:asumi-okada:20161015091948j:plain

 

【16時45分:お客様が会場にご到着】

入り口で出迎えてくれたのはこの人。会場の盛り上げ役であるMr.Xさん✨

f:id:asumi-okada:20161015091551j:plain

 

 *筆談しかできないため、中々コミュニケーションをとるのが大変でした

 

【17時:お客様の身支度】

偽りの職種・名前を記入した名札を作って頂きます

(嘘が苦手な人はイベント中、すぐにバレますw)

f:id:asumi-okada:20160929003224j:plain

 お好きな仮面を選び、

f:id:asumi-okada:20160929001129j:plain

身支度ができたら、紳士・淑女が揃う会場に入ります。

 

【17時15分:乾杯】

となりの人は一体誰なんだろう・・・笑

そんなことをお互いに思いながら、緊張した空気のまま乾杯がスタートします。

f:id:asumi-okada:20161015092700j:plain

 

主催側としても、初めての試みのイベントなのでどういう空気になるのかわかりません。

ハラハラした気持ちで伺っていると・・・

 

f:id:asumi-okada:20161015091715j:plain

すぐ仲良くなっているやないかーーーい!笑

早いですね!!!

 

最初の緊張はどこへやら。

仮面をつけているせいか、皆さん普段よりも大胆に行動されている気がします。

 

 

おっと、こちらはいい雰囲気じゃないですか・・・

 

 

f:id:asumi-okada:20161015231948j:plain

邪魔しないようにそ〜〜〜っと「パシャリ」。ありがとうございます。

ラブラブシートを作っておいて正解です。

 

 【18時30分】

空気が暖まってきたところで、ビンゴ大会〜〜〜〜!!

 

ビンゴで見事一位をとった男女には、豪華景品を差し上げていました。

女性の一位にはとあるプライベートサロンの小顔半額券。

普段はハリウッドの方にしか施術を施さない美容院だそうです。

男性の一位には主催の”モーリー”によるオーダーメイドシャツのプレゼント✨

 

モーリーは本イベントの主催者で、個人でオーダーメイドスーツを作っている方です。

一位の男性に向けて、会場でモーリーによる採寸が行われました。

 

とてもシュールです。

f:id:asumi-okada:20161015091938j:plain

 

 

【お食事】

片岡先生による体に気を遣ったヘルシーメニューが並びました。

f:id:asumi-okada:20160929001423j:plain

プチトマトのカプレーゼ・・・

f:id:asumi-okada:20160929001253j:plain

オシャレな前菜・・・

f:id:asumi-okada:20160929001408j:plain

食べ応えたっぷりのサンドイッチ・・・

f:id:asumi-okada:20161015093011j:plain

 

お肉の煮込み料理・・・

f:id:asumi-okada:20160929001329j:plain

飲み放題のデトックスウォーター・・・

f:id:asumi-okada:20160929001310j:plain

ヨーグルトのレアチーズケーキ・・・

f:id:asumi-okada:20160929001347j:plain

 

などなど♬

片岡先生は定期的にお料理教室などを開催されているそうですよ!

片岡千晶先生:blog/:http://s.ameblo.jp/ck75bread/

 

【気になる参加者の声】

「最初は緊張したけど途中から場の空気に慣れて、仮面をつけているせいか少し大胆になれた」

販売・卸20代女性

「不思議な繋がりがたくさんできてしまって戸惑っています」

IT系20代男性

「若い人との交流が楽しかった。途中から年齢を気にせず大胆になれた」

接客業50代女性

 

このようなご意見を頂くことができました♬

至らない所がたくさんで申し訳なかったですが・・・><

楽しんで頂けたみたいでとても嬉しかったです。

 f:id:asumi-okada:20161015093050j:plain

 

【今回のイベントで一番の発見】

皆さん、二次会に行かれるくらい仲良くなったことです(笑)

仮面だし、素性がわからないままそこでイベント終了なのかと思いきや・・・

大半の人が二次会に行かれたみたいです。

企画側としてもそこまでは予測していませんでした。

二次会に参加された人いわく、イベント後の仮面をつけていない素顔のときのコミュニケーションはより一層楽しいそうです(笑)。

 

【今回関わったスタッフの紹介】

”モーリー” 本名 森谷章史

主催者。6年前に独立後、こぢんまりとしたバーのような親しみやすくも洗練された空間や時間を共有しながら「お客様の人生に貢献できる服」をモットーに服作りを続けている。

f:id:asumi-okada:20160929002035j:plain

 

”先生” 本名 片岡千晶

インナービューティープランナーや料理・パン研究家などの肩書きを持つ。

「料理を通して目の前の人を笑顔に幸せにする」を、モットーに
*簡単に続けられる健康,美容に良い料理教室
*生産者と繋がる料理教室
*地域活性、地産地消を推奨したイベントを開催している
●blog/:http://s.ameblo.jp/ck75bread/ 

f:id:asumi-okada:20160929002344j:plain

”マリリン” 本名 ”岡田あすみ”

東京農業大学卒業後、飲食店店長を3年経験。現在はフリーランスとしてフードライターの仕事やイベントのMC、企画などに取り組む。
\ツイッター/
https://twitter.com/mc_cocona
\ブログ/
http://asumi-okada.hatenablog.com/about

f:id:asumi-okada:20160929002251j:plain

”ともちん” 本名 関口智代

大学卒業後に管理栄養士を取得。保育園の栄養士、治験コーディネーターを経験した後、食から健康づくりに貢献したいと思い、現在は健康事業を行う会社にて働いている。イベントの企画・料理提供などで活動中。

★おいしくたべるファスティング

delifas! www.delifas.com

f:id:asumi-okada:20160929002446j:plain

”Mr.X” 本名 ”福地智史”

西新宿で世界で一つだけの”ポジティブ居酒屋”を運営している。

ポジティブに関する講演会なども行う。12月に幕張メッセで行われるコンテストでポジティブについて講演するために準備中。応援したい人はコチラから↓

モテワンコンテスト投票ページ:https://mote1.jp/Mote1Contest/index/33/2890

f:id:asumi-okada:20161015094818j:plain

 

 

あともうひとつ、仮面舞踏会を企画して学んだ重大な発見があります。

 

イベントを楽しめるも楽しめないもこれで決まってしまいます。

 

 

 

 

 

それは・・・・

 

 

 

・・眼鏡の方はコンタクトを準備しましょう。

仮面をつけるのが非常に大変です(笑)

 

【次回告知】

次回は2月ごろを予定しております。

12月にはプレとして、一度仮面無しの交流会を開催致します。

どうぞお楽しみに・・・★

 

【最後に】

今回主催の森谷さんを始め、関わってくださったスタッフの皆様、参加者の皆様、開催にあたりたくさんのアドバイスを自分に下さった方々。

本当にありがとうございました。この場を使ってお礼を申し上げます!! 

たくさんの発見があり、とても良い経験をさせて頂きました。

もっと力をつけて、今後も人から”面白い!”と言われるようなイベントを企画して参ります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

【協賛企業ご紹介】

六本木一丁目に店を構える老舗”ゆにおん食堂”様より日本初上陸と言われる”カナディアンビール”を頂きました。店主のDANさん、ありがとうございます。

f:id:asumi-okada:20161015094014j:plain

tabelog.com

ビジネスマンラップの仕掛け人に会ってきた

最近CMなどにも使われ、よく見聞きするようになった「ラップ」

キックザカンクルーやクレバは昔から聞いていましたし、

少し前まで「高校生RAP選手権」なども目にしていたのでなんとなく興味はありました。

 今ラップは熱いみたいですね。

その中でも、最近巷でじわじわと流行しているのが

”ビジネスマンラップトーナメント”略して#BRTです。

f:id:asumi-okada:20160902133515j:plain

名前の通り、ビジネスマン達によるラップ選手権です。

自分は今、この人たちのラップにハマっています。

 

日本の縦社会の中で本音と建前を使い分けながら、秩序を守って今日も働くビジネスマン。

数か月前、彼らの元に”ラップバトル”がやってきました。

普段言えないことでも、ラップだと想いをストレートに伝えることができる。

さらに営業で培われた”プレゼン能力””語彙力”は並大抵のものじゃない。

官僚・大企業課長・営業・ブルーカラーなど様々な職種の人が集まるこのバトルでは、毎回白熱したバトルが繰り広げられます。

 

~ビジネスマンラップトーナメントの流れ~

①名刺交換から始まるラップバトル

まずはご挨拶から。よろしくお願いします~。

f:id:asumi-okada:20160903115604j:plain

 ②節度を持ったdisり合い

就活生 VS 企業人事、起業家 VS ブルーカラー、総合商社 VS 専門商社などなど・・・

職種は多岐に渡ります。

youtu.be

 ③ラップから、新しいビジネスや他業種との繋がりが生まれます。

バトルで負けたら悔しいけれど、その悔しさがまた次のバトルに出る動機となるそうです。

f:id:asumi-okada:20160904024452j:plain

 

彼らの取り組みは各メディアからも注目され、

ZIPYahooニュースなどでも取り上げられています。

次回9月30日で第6回目となるビジネスマンラップトーナメントは、国内最大規模のagehaという会場で行われるそうです。ムーブメントが広がっていますね!!!

 

 今回、このビジネスマンラップの仕掛け人、真野勉(まのつとむ)さんにお会いしてきました。

とても気さくな方。お話できてラッキーです。

f:id:asumi-okada:20160904021335j:plain

 <真野勉さんのプロフィール>

青山学院大学卒業。2011年、学生時代から株式会社リアルワールドにてクラウドソーシング事業の営業に従事。2012年通期新人賞、2013年通期MVP受賞。2014年9月東証マザーズ上場に貢献し年内に退職。2015年より株式会社SUPERSTUDIOを共同創業。COOとして経営・営業・雑務全てをこなす。

 

あすみ:「なんでラップイベントを始められたんですか?」

 

真野さん:

「もともと、高校生のころからラップが大好きでした。

社会人になり、音楽好き同士で飲む機会が増え、その中に意外とラップ好きが多いことに気づきました。

その中でまずはDJイベントからはじめてみようと思い、SNSでラッパーを集うとビジネスマンラッパーが続々集まってきたんです!
これはと思い、ビジネスマンラップバトル大会にコンセプトを絞り開催を決定しました。

そして3月26日に開催するとDJタイムはいらないと観客から声が上がるほどラップバトルが大盛り上がりし、このmovementを止めるわけにはいかないと継続開催を決行しました。」

 

なるほど。

私は、真野さんのラップに対して「好き」という想いが素直にとても強いから、周りの人をどんどん巻きこみこのように社会的ムーブメントを起こしているのだと思いました。

 

皆様。

 

真野さんの経歴を聞いたら、

「もともと頭が良いんでしょ?」

とか

「コネとか使ったんじゃないの?」

なんて思うかもしれません。

 

でも

就職氷河期の時代だったということもあってか、

「就職活動では60社落ちた」 

経験をされた真野さんは、悔しいところから社会人をスタートしていました。

 

「『俺の人生こんなもんじゃねぇはずだ』って人には、ぜひ一緒にラップをやって欲しい。」

そう語る真野さんは、環境のせいにせず、自分の力で這い上がってきた経験があるからこそこのように語れるのだと思いました。

 

 

最後に真野さんの言葉で心に響いたものをご紹介いたします。

 

”I am not a businessman , I am a business,man.”

~俺達はビジネスマンじゃなくて、俺達自身がビジネスなんだ。~

 

 

やべぇ。超かっこいいじゃないですか。

脱サラまでして、私の人生こんなもんじゃ終われねぇ。」

そう、改めて気付かせて頂きました。

だから私も、”MC Cocona”(エムシーココナ)という別名を作り、栄養士ラッパーとして活動することにしました(笑)

応援よろしくお願いします!

 

f:id:asumi-okada:20160904032442j:plain

=======================================

SUPERSTUDIOとは?

SUPERSTUDIOでは、制作から開発までを受託するWEBプロモーション事業、企画から制作までを請け負う動画制作事業を大きな柱として、事業を展開しメディア事業を構想。型にはまらない働き方で事業を大きく拡大中!

ミッション
共創と共感をテーマに世の中をワクワクさせる仕組みを作る

スローガン
Stir up your heart

フィロソフィー
強制ではなく共生を
教育ではなく共育を
競争ではなく共創を

 

『世の中をワクワクする事業を創りたい』という想いをもったメンバーをどんどんウォンテッドしております!

super-studio.jp

 =======================================

~ビジネスマンラップについてもっと知りたい方はこちら~

ZIP

matome.naver.jp

KAI-YOU

kai-you.net

グノシー

gunosy.com


 

【要注意】おもしろくないです。興味があれば読んでください!(笑)

8月1日
記念すべき今日は、ほんとに会社に所属せず個人事業主になった日☺
 
色んな手続きとかあります。
たのしいがいそがし~いです^^
 
7月を振り返ってみる!
できたこと
できなかったこと
あります。
頭スッキリするためにまとめてみました。
 
じゃん★まだまだ書けますけど。

f:id:asumi-okada:20160802045148j:plain

 

感謝をできていない人はいないか?
迷惑をかけたことは?
もっと頑張れたことは?

もっともっと月の反省のレベルの質を上げて、8月は力を入れる方向性を見極めてがんばろう。

 

「本気でやれば大抵のことはうまくいく」

 

最近大学のときの研究室の教授が高校の校長先生になられて★
その先生に頂いた言葉です。
 
あとは尊敬してる先輩に
 
「誰よりも楽しまなアカン」
 
って言われました^^
 
 
「本気」 と 「めっちゃ楽しむこと」
 
をこの8月は意識していきますっ★
 
 

f:id:asumi-okada:20160802050112j:plain

 
 

私がフリーランスになりたい理由

ニート

もとい

私がフリーランスになりたい理由を淡々と述べます。

 

「お前生きてる?」

「お金大丈夫?」

 

などの心配の声がありがたいことに多々かかるので、

ここで改めて、なんで脱サラしたのか、

想いを書き綴りたいと思います。

よければ聞いて下さい。

 

①人生一度きり

f:id:asumi-okada:20160720154758j:plain

学生のころ、安藤美冬さんの著書「冒険に出よう」という本に出会いました。

これが全ての始まりでした。

未熟でも未完成でも「今の自分」で突き進む!【書評】安藤美冬「冒険に出よう」 | Re:Start!

フリーランスの働き方をいち早く実践していて、とても「格好良い」と思ったのを覚えています。

 

 

日常で、よくこんな言葉を耳にします。

「会社に行きたくねぇ。」

「あの部署の〇〇さんがまじで嫌い。」

とか。

 

会社に所属するのも自分の選択。

自営業に取り組むのも自分の選択。

 

自分がその環境を選んでいるのに、

そこの悪口・不平不満を言うのは何か違うと思ってます。

 

今はまだまだだけど、

副業が当たり前になる未来は必ずくる。

 

24歳の社会人経験も浅いぺーぺーな女が、

もしもフリーランスでやっていけるってことが証明できたら・・・?

 

その事実に勇気づけられる人ってたくさんいるんじゃないかと思います^^

 

なんの保証もないんですけど、もし私にできたら、絶対に誰にでもできるハズ。

「お前ができるなら、俺でもできるぜっ!!!」って言われたら、私の勝ちです(笑)

 

一度きりの人生なので、ワクワクする方に進んでいきたいです。

 

②感謝とご縁

f:id:asumi-okada:20160720170918j:plain

最近思うのは、

「まじで1人では何もできない」

ということです。

 

前職の塚田農場の店長のときも、

1人では良いお店なんて作れる訳なくて。

アルバイトさんの力を借りないと何にもできませんでした。

 

毎日、関わってくれている人に感謝できているか?

このことを最近すっっっごく考えます><

もしも「お前感謝できてないぞっ」て思うことがあったら教えてください(笑)

光の速さで改善します。

 

すべての出会いを大切に、

ご縁から生まれるビジネスを育てていきたいです。

 

③だから結局何がやりたいのか

f:id:asumi-okada:20160720170939j:plain

自分の得意分野って何だろう?

って考えたんです。

 

脱サラして、三日間考えました。

 

考えました。

 

考えました。

 

見つかりました。

 

「どんな場所でも、誰といても、人を楽しませるのが超好き。」

なんです。

 

だから「PR」の世界で一流になりたい。

光が当たらないところ、人でも事業でも、

それらにスポットライトを当てられる人になりたい。

魅力を引き出したい。

 

そのためにイベントもやるし、

自分を営業するし、

今は経験値が欲しいんです。

 

長くなりすみません(汗)

最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

 

 

要するに、

「自分が思っている以上に自分の価値はまじであるから、そんなネガティブになることまったくないよ日本人」って感じです。←

 

おもしろいことしましょー!

 

一度きりの人生だもん。

 

早くしないと、誰かがやっちゃうし。

 

そんな感じです^^

これからもよろしくお願いします!

 

f:id:asumi-okada:20160720174235p:plain